2012年05月07日

アンモニア他代謝


体内におけるアンモニアの由来はアミノ酸の(A)や(B)、吸収されないアミノ酸は(C)によって(D)され、アンモニアを生成したり、腸管内の(E)が(F)によって加水分解され、アンモニアを生成したり、(G)において、酵素の(H)により(I)と(J)から(K)とアンモニアが生成されることによる。

(A)脱アミノ反応(B)アミン類の酸化(C)腸内細菌(D)脱アミノ基(E)尿素(F)腸内細菌尿素酵素(ウレアーゼ)(G)腎尿細管細胞(H)グルタミナーゼ(I)グルタミン(J)H2O(K)グルタミン酸


アンモニアは(A)において、(B)に変換されたり、(C)や(D)の合成に用いられたり、酵素の(E)によって(F)を合成するのに用いられる。また、尿細管細胞から分泌されたアンモニアは(G)性条件の下で(H)として尿から排出される。

(A)肝臓(B)尿素(C)非必須アミノ酸(D)窒素化合物(E)グルタミン合成酵素(F)グルタミン(G)酸(H)NH4+
cf.グルタミナーゼ  :グルタミン+H2O→グルタミン酸+NH3 ↓グルタミンによるアンモニアの貯蔵、輸送
 グルタミン合成酵素:グルタミン酸+NH3+ATP→グルタミン+ADP+Pi


アンモニアの血液中の輸送は(A)回路を通して行われる。筋肉で生じたNH3から(B)が合成され、(B)と(C)から(D)と(E)が生じる。(E)は血液を通して、肝臓に運ばれ、(E)と(F)から(G)と(H)が生じる。(G)からは(I)を通して(J)が生じ、血液を通して筋肉に運ばれる。(H)は分解され(K)が生じ、(K)からは(L)により(M)が合成される。

(A)アラニン-グルコース(B)Glu(C)PA(D)α-KG(E)Ala(F)α-KG(G)PA(H)Glu(I)糖新生(J)グルコース(K)NH3(L)尿素回路(M)尿素


尿素の合成は(A)で行われる。使われる回路は(B)と呼ばれる。CO2とNH3とH2Oから(C)が作られ、(C)と(D)から(E)が生成される。(E)と(F)から(G)が生成される。(G)は(H)と(I)に分解される。(H)と(J)から(K)と(L)が生成される。

(A)肝細胞のミトコンドリアと細胞質ゾル(B)尿素回路(オルニチン回路)(C)カルバモイルリン酸(D)オルニチン(E)シトルリン(F)アスパラギン酸(G)アルギノコハク酸(H)アルギニン(I)フマル酸(J)H2O(K)尿素(L)オルニチン


次の反応を触媒する酵素と補欠分子は?
(A):CO2+NH3+N2O+2ATP→カルバモイルリン酸+2ADP+Pi
(B):オルニチン+カルバモイルリン酸→シトルリン+Pi
(C):シトルリン+アスパラギン酸+ATP→アルギニノコハク酸+AMP+PPi
(D):アルギニノコハク酸→アルギニン+フマル酸
(E):アルギニン+H2O→尿素+オルニチン
上の酵素の中で、ミトコンドリア内で反応するのは? 鍵酵素は? Aの酵素の活性化剤は?

(A)カルバモイルリン酸合成酵素TとMg2+(B)OCT(オルニチンカルバモイルトランスフェラーゼ、オルニチントランスカルバモイラーゼ)(C)アルギニノコハク酸合成酵素とMg2+(D)アルギニノコハク酸リアーゼ(E)アルギナーゼ ミトコンドリア内はAとB、鍵酵素はAとC、Aの活性化剤はN-アセチルグルタミン酸


尿素の合成では2分子のNH3が使われるが、1分子は(A)、1分子は(B)に由来する。(C)分子のATPと(D)個の高エネルギーリン酸結合が消費される。

(A)遊離NH3(B)アスパラギン酸(C)3(D)4


血中NH3濃度の上昇を(A)と言う。これはひどい(B)の場合や、(C)の遺伝的欠損によく見られる。(A)により引き起こされた脳機能障害を(D)と言う。NH3の濃度が高いと、(E)とNH3から(F)が合成され、(F)とNH3から(G)が合成される。よって脳内の(H)が減少し、(I)の機能が低下し、エネルギーの供給が不足することによる。

(A)高アンモニア血症(B)肝機能損傷(C)尿素合成酵素(D)アンモニア中毒(E)α―KG(F)グルタミン酸(G)グルタミン(H)α―KG(I)TCA回路


グルタミン酸は脱炭酸酵素の(A)により、(B)が生成される。(B)は(C)で、中枢神経に(D)作用を持っている。ヒスチジンから合成されるヒスタミンは(E)で、毛細血管の透過性を(F)させる。また、胃粘膜細胞の(G)と(H)の分泌を促進する。トリプトファンから合成される(I)は神経伝達物質で(J)性作用を発揮する。末梢組織では強い血管(K)作用を持つ。(L)の代謝などで生じるプトレスシン、スペルミジン、スペルミンなどの(M)は(N)を調節する物質である。

(A)グルタミン酸デカルボキシラーゼ(B)γ−アミノ酪酸(GABA)(C)抑制性神経伝達物質(D)抑制(E)血管拡張物質(F)増加(G)ペプシン(ペプシノーゲン)(H)胃酸(I)5-ヒドロキシトリプタミン(5-HT)またはセロトニン(J)抑制(K)収縮(L)オルニチン(M)ポリアミン(N)細胞成長と増殖


(A)の分解代謝で産生された1炭素を含んでいるグループを(B)と言う。(B)には(C)、(D)、(E)、(F)、(G)の5種類がある。(B)代謝の補酵素は(H)である。(B)は通常(I)の(J)、(K)に結合して運ばれる。(B)は相互変換されるが(L)から(M)への反応は不可逆反応である。(B)の生理的作用は(N)の合成原料と(O)を連結することである。

(A)アミノ酸(B)一炭素単位(C)メチル基(D)メチレン基(E)メテニル基(F)ホルミル基(G)ホルムイミノ基(H)テトラヒドロ葉酸(FH4)(I)FH4(J)N5(K)N10(L)N5,N10-CH-FH4(5,10-メチレンテトラヒドロ葉酸)(M)N5-CH3-FH4(5-メチルテトラヒドロ葉酸)(N)プリン基、ピリミジン基(O)アミノ酸代謝と核酸代謝

10
メチオニン回路とはメチオニン→(A)→(B)→(C)→メチオニンとなる反応である。

(A)S-アデノシルメチオニン(B)S-アデノシルホモシステイン(C)ホモシステイン

11
メチオニンと(A)は酵素の(B)により、S-アデノシルメチオニンと(B)と(C)になる。S-アデノシルメチオニンと(D)は酵素の(E)によりS-アデノシルホモシステインと(F)になる。S-アデノシルホモシステイン(とH2O)からはホモシステインと(G)が生じる。ホモシステインと(H)からは酵素の(I)により、(J)と(K)が生じる。

(A)ATP(B)アデノシルトランスフェラーゼ(C)PPi(D)RH(E)メチル基転移酵素(F)RH-CH3(G)アデノシン(H)N5-CH3-FH4(5-メチルテトラヒドロ葉酸)(I)N5-CH3-FH4メチル基転移酵素(J)メチオニン(K)FH4

12
システインの代謝産物のスルフェニルアラニンはデカルボキシラーゼにより(A)が生成される。また、システインは(B)と言う(C)を生成する。

(A)タウリン(B)PAPS(3’-ホスホアデノシル-5’-ホスホ硫酸)(C)活性酢酸

13
フェニルアラニンヒドロキシラーゼが遺伝的に欠損すると(A)が大量に生成される(B)になる。ホモゲンチジン酸オキシダーゼの遺伝的欠損により、(C)が引き起こされる。パーキンソン病では(D)合成酵素系の活性がすべて低下している。メラノサイトでは(E)から酵素の(F)によりメラニンを合成する。(F)が遺伝的に欠損すると(G)が引き起こされる。アルギニンからは酵素の(H)によりシトルリンが生成される。

(A)フェニルピルビン酸(B)フェニルケトン尿症(C)アルカプトン尿症(D)ドーパミン(E)チロシン(F)チロシナーゼ(G)アルビノ(白子症)(H)一酸化窒素シンターゼ
posted by 生化学単位欲しい at 01:05| アンモニア他代謝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。